HOME>注目記事>せっかく設置をするのならその目的を確実に達成できるものに

大事なポイントを見落とされないように

標識

駐車場を所有しているが人目に付かず利用が進まない、違法行為やルール違反が多発して困っている等という方はいませんでしょうか。そんな時には、目的を達成できる駐車場看板を制作してもらいましょう。しかし、単にテンプレート通りの看板を作ればよいというわけではなく、押さえておかねばならないポイントがあります。まずは、看板の大きさという点に注意をしましょう。注目を集めたいとの思いで極力大きくしたいと考える方も少なくないですが、駐車場に対し大きすぎると障害物扱いされ文言を読まれないことがあります。また、入口近辺に大きな看板を設置すると、運転初心者に敬遠されてしまう可能性も考えられます。その他、看板の素材得選びも大事なポイントとなります。周りが住宅街に囲まれている、夜間の利用が多い等という場合は、ライトで反射しにくい素材を使う必要があります。

なるべく自分たちでも案を出そう

標識

より効果的な駐車場看板制作をしてもらうには、目的を達成できるようなデザインをすることが必要になります。単に伝えたいことを文字で羅列するだけでも、イラストや色を派手にするだけでも目的達成は難しいでしょう。業者によってはデザインも考えてくれる所もありますが、まずは自分たちで案を考えることが必要になります。その方が、業者に対して自分たちの理想を伝えやすいですし、デザインを考えるスタッフにも土台ができて考えやすくなるでしょう。近所を参考にしたり、看板製作業者の実例等を確認してなるべく多くの案があるとなおよいです。

どこに置くかもよく考えよう

駐車場

その他、駐車場のどこに看板を置くかもよく考える必要があります。一般的な店舗前に置くような看板と違い、駐車場看板は運転をしながら確認することが多いです。ドライバーが走行中になるべく早めに確認できなければ、入る準備ができずに通過してしまう可能性もたかくなります。駐車場に面するどの道路から来る客が多いか、どの程度のスピードを出して走行している道路かを確認しましょう。面している道路に対する向きも重要で、一般的に進む方向に対して直角になるように看板を置く方がよいとされています。

広告募集中